ここ。のもふ女子Diary

うつで休学経験あり。シンプルライフを目指しつつ、書物やコスメを愛でる

【読書】ミニマリストについてのおすすめの本 

 

 

 

こんにちは、大学生ブロガーのここです。

今日は3カ月で50冊読んだ私が、ミニマリストについて気になった本について紹介します。

 

ミニマリストについてのおすすめの本

 

 

ミニマリストとは持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。必要な物だけを持つことによって、豊かに生きられるという考え方のことである。

 

本紹介

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。

佐々木典士

 

ミニマリストの方の本でとても有名な本。今なら無料になっているようです。

ミニマリストになると幸福感が高まることを丁寧に説明されている。

捨てる方法最終リスト50というものが付いていて、読んでいるとモノを捨てたくなってうずうずする。安いという理由で買わない・失敗はすぐ認め勉強代と考えるなど身に染みるリストが多かった。

周りを意識せず、自分の内面で自分の価値観を表したいと思えた。

 

この本を読みミニマリストに目覚める人は多いのではないだろうか。

ミニマリストが気になる方にまず読んでほしい一冊。

 

ミニマリストという生き方

 

辰巳 渚

ミニマリストという生き方

ミニマリストという生き方

 

 

 

ミニマリスト5人の取材から構成されている。ミニマリストになったきっかけや、考え方について聞ける。小島よしおさんが取材されており、意外であったが好感が持てた。

 

ミニマリストとの定義を深く考えることができる一冊。後半の分析部分は少し難しかったが、ミニマリストとは何かを突き詰めた本であった。

 

ミニマルに暮らすwith無印良品

 みしぇる

ミニマルに暮らす with 無印良品

ミニマルに暮らす with 無印良品

 

 

 

 

ミニマリストに憧れはじめ、気になっていた一冊。

写真も多く掲載されており、とても読みやすかった。ミニマムリストを目指したいという気持ちが高まる本であった。

ミニマリストになって変わったのは幸せの感じ方という内容が印象的であった。ミニマリストってどんな生活をしているのだろうかといことを知ることができた。

 

こんな風に毎日を過ごしたいと憧れの気持ちで読んでしまった。定期的に読み返したいと思う。

 

 

番外編 断捨離編

人生がときめく片づけの魔法

 

近藤麻理恵

 

人生がときめく片づけの魔法 改訂版

人生がときめく片づけの魔法 改訂版

 

 

 

知らない人はいないこんまりメソッドの本。どのような基準でものを捨てたり、どんな順番でやればいいかを示してくれる。ときめきを感じるかとは、自分にはない考えでぜひ取り入れてみようと思った。

 

ときめくものに囲まれて生活がしたいと、玄関を片づけてお花を買ったりと実際に行動に移すことができた一冊。断捨離がしたい方におすすめしたい本である。

 

まとめ

私はミニマリストとは正反対の生活をしてきたので、ぜひ見習いたいと思って何冊か本を読んでみました。なるべく捨てる作業に集中して、ものに溢れた生活から脱却したいと思います。

 

参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。