ここ。のもふ女子Diary

うつで休学経験あり。シンプルライフを目指しつつ、書物やコスメを愛でる

ミニマリストへの憧れについて 目指したい

  

こんにちは、大学生ブロガーのここ。です。

今日は私のものに対する考え方、ミニマリストへの憧れについて語りたいと思います。

 

ミニマリストを目指したい

 

私はものに囲まれて生きています。4年間大学には同じ組み合わせで服を着たことがないくらい服を持っているのです。コスメも大好きで本も好き。本当に必要な物を見極めていきているのだろうか。私は自分自身に疑問に思います。

 

服について

本当に毎日違う服を着る必要性はあるのでしょうか。そんなこと気にしている人はいないと思われます。案外、人間は他人に興味がありません。

 

ボーダーの人と印象付くのがいやという考え方に疑問を感じるようになりました。○○な人と言われるということは、本当の自分を確立しているひとなのではないでしょうか。

 

私は服のテイストや自分らしいということを考えたことがありませんでした。ミニマリストの方には服を10着しか持たない、または制服化しているという人がいます。この境地を目指したい。本当に自分に似合っているもの・自分らしいものをきっちりと見分けられる。そんな人間になりたいのです。

 

コスメについて

コスメは集めることが一時期好きでした。今は、考えが変わりました。コスメには服と違い使用期限があります。使用期限までに使い切れるくらいのものしか持たないでおこう。そう考え直しました。

 

季節や服でメイクを変えたくもなりますが、口は一つ・目は二つしかありません。リップは多くても3・4本に留めるようにするように最近なりました。アイシャドウは元々あるものもあるので、これ以上増やさないように気を付けたいと思います。

 

本について

私は1カ月に20冊以上は本を読みます。図書館で借りることもありますが、人気の本は予約待ちしないといけないので、ブックオフや本屋さんで買うこともあります。

 

本で得た知識は一生の誰にも奪われない財産です。自分への投資と思っています。本棚に本が入らないようにならないように心がけて、いらなくなった本はブックオフで売るようにしていきたいと思います。

 

ミニマリストへの憧れ

ミニマリストの方は少ない持ち物ですっきりと過ごしていられるのだと思います。

 

ミニマリストの方の本で印象的であった言葉が、「衝動的なドキドキより日々の幸せを大切にするようになった」というものです。私は買い物することでストレスを発散するふしがあります。今度、家計簿を公開するつもりですが皆さんに引かれるのではないかと思っているぐらい… 日々の目の前にある幸せを感じるようになる。今ある目の前のモノと大切に付き合う。そんな生活がしてみたいのです。

 

まとめ

自分の現状とミニマリストの方への憧れについて語ってみました。

私に出来るか分かりませんが、徐々にミニマリストを目指していきたいと思っています。実家暮らしなので、自分のできる範囲でやっていきます。そんな私の成長を見届けてください。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

無印良品とはじめるミニマリスト生活

無印良品とはじめるミニマリスト生活