ここ。のもふ女子Diary

うつで休学経験あり。シンプルライフを目指しつつ、書物やコスメを愛でる

【読書】お金とモノに支配されない暮らしたかた ミニマスリトを目指したい

 

こんにちは、ミニマリストを目指している大学生ブロガーのここ。です。

今日はとても心に残る本があったのでご紹介したいと思います。

f:id:koko384:20190309090617j:plain

その本は

ミのマムリスト系家計コンサルタントのリムベアーさんが書いている「お金とモノに支配されない暮らしかた」です。お金とモノに支配されていてそれから抜け出したいと思っていた私にぴったりの本でした。本屋さんで題名を見た瞬間から絶対に買うと思いすぐにレジに持っていきました。

 

本の内容

お金に支配されない家計管理・お金に支配されあに節約・モノに支配されない減らし方のコツ・お金とモノに支配されない心の持ち方などが紹介されています。その中から感想を交えてすこしご紹介したいと思います。

 

最小限で生きる

私が本当に最近考えていることでした。安いからと言って買ったものを何枚も持っているより、本当にお気にいりのものを一つ持っている方がお金がかからないのではないか。そう考えるようになりました。

 

私は靴はほとんど一足しか履いていません。祖母に買ってもらった2万円もする革靴ですが本当にお気に入りでどんなコーデにも合い、他がほしいという物欲が湧いてきません。ミニマリストの考えに近づいているのではないかと思います。本当のお気に入りと過ごすと嬉しい気持ちになりますし、毎朝コーデに悩むことがありません。

 

家計簿をつけよう

この本を読んでから私は家計簿をつけることを心に決めて、実行しました。なににどんなぐらいお金を使っているかまったく把握していなかった以前の私。お金に対する不安が常にありました。使い過ぎではないだろうかとぼんやりと思っていたのです。

 

お金の迷子を無くさないとお金に対する不安はなくならないし、貯金もできない」とこの本には書かれていました。まさにその通りです。いま大学生で出費がいくらぐらいか知ることにより、自分が稼いだらいいお金の基準を考えることができ安心しました。また、使い過ぎな項目は家計簿を見て見直していくと貯金に繋がります。家計簿をつけてよかったと思っています。これからも続けていきたいです。

 

いる理由ではなくいらない理由を考える

これは目から鱗の考え方でした。今までいる理由しか考えず、衝動的に買い物ばかりしていました。この本を読んでからは、本当に自分に必要か心の中で問いかけることにより、いったん冷静になることが出来ました。

 

買いたいものリストを作り、いったんお置いておく。という方法を私はやっています。後で見直すと意外といらない理由に気付いたりするのです。自分に問いかけてクールダウンする方法は実践してとても良かったです。

 

お金を使う喜びから、使わない喜びへ

これが私の目標となりました。一カ月服を買わないということにいつか挑戦してみたいです。友人が今年は服を買っていないと言っていてとても羨ましく思ったのです。本当のお気に入りと過ごせる日々がいつか作り出せるように頑張りたいと思います。お金でストレスを発散するのは辞めたいものです。

 

まとめ

書き足りないぐらいこの本からは学ぶことが多かったです。

ミニマリストが気になっている方にはぜひおすすめしたい一冊でした。

最後まで読んでくださりありがとうございました。参考になれば幸いです。 

 

 

お金とモノに支配されない暮らしかた

お金とモノに支配されない暮らしかた